一番気になる年収の話

年収だけを見て転職活動すべきではない

多くのアラフォー世代はすでに自分自身の家庭を築いている方が多くいらっしゃると思います。
そういう状況において、一番大切なことは年収のことだと思います。
ただ、転職活動をするにあたって、ただ年収の点だけを考えて就職先を考えるべきではありません。

アラフォー世代たちの多くは、今働いてる会社、もしくは直前まで働いていた会社ではそれなりのキャリアを積み、それに対してそれなりの報酬を得ていたと思います。
それに対して、不満なりがあって転職活動をするという方も多くいらっしゃると思いますが、ヘッドハンティングなどは別として、いきなり新しい企業で同等、もしくはそれ以上の収入を得ることはまずない、と考えるべきです。
いきなり、今まで以上の収入を得ようとは思わず、収入の伸びしろがどの程度なのかを見極めるのがポイントだと思います。

しっかりとした評価制度があるかどうか

家族の理解を得るためにも少しでも高い収入を、と考える気持ちは理解はできます。
ただ、いきなり高い収入を提示している企業は、その金額に対してそれなりに理由があるということは理解しておかなければいけません。

アラフォー世代で転職をされる方の多くの転職先を見てみると、多くの方は前職の企業よりも規模の大きい企業に転職できた方は少なく、大抵は今までよりも規模が小さい企業に就職をするケースが多いのも、年収が下がってしまう理由の一つです。
企業の規模が大きいほうがいいのか、小さいほうがいいのかはそれぞれの考え方があるので、一概にどちらがいいのかは言えませんが、規模が小さければ、どうしても収入が下がってしまいます。
ただ、入社当時は収入が少ないかもしれませんが、あくまでスタートでの収入ですので、一番気を付けなければならないのは、その企業が入社後に収入を高める人事評価制度があるかどうか、なのです。