アラサーとアラフォーの転職は根本的に違う

伸びしろのアラサーと即戦力のアラフォー

アラサーとアラフォーの転職の違いについて次にお伝えしたいのは、アラフォーはアラサーと比べて自分の強みをしっかりと知っている必要がある、ということです。
アラサーはこれからの伸びしろを考えたうえで、採用か不採用かを見られます。
一方、アラフォーの場合は即戦力としてどれだけ採用試験を受けている会社の戦力になるかが採用の基準になる、ということなのです。

いくら自分が新しい会社で、自分のスキルアップや自分の新しい経験を求めたとしても、採用する企業側としてはアラフォー世代の転職者に求めているのは、その人の成長ではない、ということを採用試験を受ける前に知ったうえで臨む必要があるわけです。
つまり、これから自分がどうなりたいかではなく、今まで自分が積み重ねてきた経験がその企業にとってどれくらいの魅力があるのか、をアピールする必要があるのです。

採用試験は自分プレゼン能力が問われる

アラフォー世代にとって転職の採用試験は、今まで自分が何を成してきたのか、どれくらい相手側にとって魅力的なのかをしっかりとプレゼンする場だと考えるべきです。
自分の強みをどれだけ把握しており、それをしっかりアピールする能力が問われるわけです。

ただ、自分の強みと言っても、自分のことは中々自分ではわからなかったりします。
また、自分では当たり前だと思っている経験やスキルが実は他では得難いものだったり、ということも実際にあります。
私がおすすめしたいのが、採用試験を受ける前に自分が今までやってきた仕事を第三者に聞いてもらう、ということです。
第三者に話すことにより、今まで自分がやってきた仕事を自分自身が整理できるという利点と、自分では気づかない、他から見たら実はアピールポイントになる、というスキルが見つかる可能性があるからです。